足の甲の脱毛についてのノウハウ

9 5月

足の甲の脱毛についてのノウハウ

足の甲の毛について

私は男性です。私は以前、足の甲の毛が絡むことがありよく靴下に挟まってちくちくすることがありました。当初はなぜちくちくするのかが分からず困っていたのですが良く見ると足の甲の毛が絡まっていてその絡まった状態で靴下に挟まり引張られて痛くなっていたのを発見したのでした。

その際、私は絡まった足の甲の毛をどうしたものかと考えていたのですが、すぐに剃ればいいのだと思いかみそりで剃ったのです。その結果、足の甲の毛が絡むことで痛みを伴うことはなくなったのです。ですが実際にはそんなに簡単なことではありませんでした。足の甲の毛は何度も生えてくるということを私は忘れていたのです。生えてくるたびに私にかみそりで剃り続けることとなったのでした。そしてその頻度は2週間に1度剃ることが習慣づいてしまったのです。人間は一度習慣になると気になるものでその気になることがさらに悪循環を生むこととなったのです。

足の甲の毛を処理した結果

私は2週間に一度足の甲の毛を処理していたのですが、処理するに従い、夜寝ている際布団と足の甲がこすれるたびにいやな思いをすることとなったのです。その理由は足の甲の毛を処理した結果、徐々に伸び始めたときその短い毛が布団とこすれて気持ち悪い感覚となったのです。

そのため、足の甲の毛が伸びきらずにちくちくする段階でかみそりで剃る必要性を感じてしまい、これまでは2週間に1回のペースで処理していたものが1週間に1回のペースで処理しないと気になる状態となっておりました。私は常にかみそりを所持していないと困る状態となっていたのです。

特に出張などで出かける場合、いつも使用するかみそりでないと足の甲の毛を処理する際、剃りすぎて足の甲がひりひりするなどの状態となっておりました。そのため常に同じかみそりを出かけるたびに持っていくようにしていたのです。こういった作業がとてもめんどくさく感じるようになっておりました。そこで私はかみそりで処理することをやめるにはどうしたらよいかを考えるようになったのです。

足の甲の脱毛を実施して

毎回同じかみそりでないと足の甲がひりひりすることや、処理する頻度が早くなったことを考え、足の甲の毛がなくなればよいと思うようになりました。

そして実際に足の甲の毛をなくすためには脱毛しかないと思ったのです。そこで私は近くのサロンに行きそのことを説明した上で実際に脱毛をしていただいたのです。

但し、完全に脱毛できるわけではなく処理する頻度が長くなったと考えてくださいと言われました。私はそれでもこれまでの苦労を考えるととても楽になったため脱毛にいってよかったと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です