カテゴリー: 未分類

19 7月

無痛のレーザー脱毛機器!?メディオスターの特徴とは

無痛のレーザー脱毛機器!?メディオスターの特徴とは

さまざまな脱毛の施術

一口に脱毛といっても、施術の方法はさまざまあります。主な施術方法は、毛穴一つ一つに電気を流す「電気脱毛」と、毛根に医療用のレーザーを照射する「レーザー脱毛」があり、そのほかに、熱量が低い医療用でない光線を使う「光脱毛」があります。電気脱毛とレーザー脱毛は長期間にわたって脱毛効果が持続するが、その費用は5~10万円かかり、ある程度の痛みもともないます。若いサラリーマンには手が出しにくい価格帯です。その理由は、電気脱毛は専門家のエステティシャンが施術し、レーザー脱毛は主に医師が施術する治療で保険が利(き)かないからです。光脱毛は、医療用に比べて熱量が少ないため、痛みが薄い分、効果も限定的です。ただ、効果が限定的にもかかわらず、光脱毛は、「一時的に毛を薄くしたい」という需要にこたえて、意外にも人気が高いのです。

参考リンク 医療脱毛でも安く全身脱毛したい!そんな方に本当におすすめのクリニックとは!?

無痛レーザー脱毛器「メディオスター」の登場

一部エステサロンの場合、激痛をともなうレーザー脱毛のオプション(選択肢)はなく、電気脱毛と光脱毛の2コースから選びます。ところが、近年、「メディオスター」とよばれる激痛をともなわない医療用レーザー脱毛機器が開発されました。これは、毛根ではなく皮膚の浅い領域(バルジ)にレーザーを照射するため従来の激痛がなくなりました。メディオスターという無痛レーザー脱毛機器の導入により、現在は脱毛客の4人に1人が男性となり、脱毛した男性客が5年前に比べて10倍に増えたエステサロンもあります。

「メディオスター」の利用者の声

レーザー脱毛は利用者にとって痛みもひどく、肉体的負担も大きいのです。そこで、「メディオスター」が登場しました。メディオスターは、従来のレーザー脱毛機器に比べて痛みを軽減しています。従来の「泣くほど痛い」から「ほんのり温かい程度」に変わりました。これは、従来は、皮膚の深いところにある毛根にレーザーを照射して、熱エネルギーを与えていたのに対して、メディオスターは、皮膚の浅いところにあるバルジ領域にレーザーを照射するためです。メディオスターで脛毛(すねげ)を脱毛した30代の男性は「海水パンツをはいた時に見えるすね毛が気になっていた」と語り、「次は、胸毛の脱毛に挑戦したい」と満足そうな様子です。

「メディオスター」の利用料金は?

一般に、レーザー脱毛は主に医師が施術する保険外治療になるので、医療行為であるが(国民)健康保険は適用されず自由診療となります。よって、利用者の金銭的負担が大きいのです。メディオスターを使ったヒゲ脱毛の場合、1回当たり1万2000円と設定する男性専門のエステサロンがあり、従来のレーザー脱毛より約30%割高になっています。また、当該エステサロンでは「メディオスターで4年間何回施術しても9万9800円」というお得なプランも設けています。

9 5月

足の甲の脱毛についてのノウハウ

足の甲の毛について

私は男性です。私は以前、足の甲の毛が絡むことがありよく靴下に挟まってちくちくすることがありました。当初はなぜちくちくするのかが分からず困っていたのですが良く見ると足の甲の毛が絡まっていてその絡まった状態で靴下に挟まり引張られて痛くなっていたのを発見したのでした。

その際、私は絡まった足の甲の毛をどうしたものかと考えていたのですが、すぐに剃ればいいのだと思いかみそりで剃ったのです。その結果、足の甲の毛が絡むことで痛みを伴うことはなくなったのです。ですが実際にはそんなに簡単なことではありませんでした。足の甲の毛は何度も生えてくるということを私は忘れていたのです。生えてくるたびに私にかみそりで剃り続けることとなったのでした。そしてその頻度は2週間に1度剃ることが習慣づいてしまったのです。人間は一度習慣になると気になるものでその気になることがさらに悪循環を生むこととなったのです。

足の甲の毛を処理した結果

私は2週間に一度足の甲の毛を処理していたのですが、処理するに従い、夜寝ている際布団と足の甲がこすれるたびにいやな思いをすることとなったのです。その理由は足の甲の毛を処理した結果、徐々に伸び始めたときその短い毛が布団とこすれて気持ち悪い感覚となったのです。

そのため、足の甲の毛が伸びきらずにちくちくする段階でかみそりで剃る必要性を感じてしまい、これまでは2週間に1回のペースで処理していたものが1週間に1回のペースで処理しないと気になる状態となっておりました。私は常にかみそりを所持していないと困る状態となっていたのです。

特に出張などで出かける場合、いつも使用するかみそりでないと足の甲の毛を処理する際、剃りすぎて足の甲がひりひりするなどの状態となっておりました。そのため常に同じかみそりを出かけるたびに持っていくようにしていたのです。こういった作業がとてもめんどくさく感じるようになっておりました。そこで私はかみそりで処理することをやめるにはどうしたらよいかを考えるようになったのです。

足の甲の脱毛を実施して

毎回同じかみそりでないと足の甲がひりひりすることや、処理する頻度が早くなったことを考え、足の甲の毛がなくなればよいと思うようになりました。

そして実際に足の甲の毛をなくすためには脱毛しかないと思ったのです。そこで私は近くのサロンに行きそのことを説明した上で実際に脱毛をしていただいたのです。

但し、完全に脱毛できるわけではなく処理する頻度が長くなったと考えてくださいと言われました。私はそれでもこれまでの苦労を考えるととても楽になったため脱毛にいってよかったと思っております。

9 5月

脱毛時に痛みを減らすためのポイントは?

痛みが気になるときは

脱毛で肌トラブルを軽減させよう

気温が上がり、半袖や水着など肌を露出する機会が増えてくると、ムダ毛が目立ちやすくなってしまいます。
特に両わきや手足のムダ毛は人目につきやすいので、頻繁にムダ毛の自己処理をするという人も少なくありません。

その時に気になってくるのが肌へのダメージです。ムダ毛の自己処理は肌の炎症や埋没毛が起こりやすいから注意が必要です。
これらの肌トラブルを減らすには、エステサロンや美容クリニックで脱毛するのが一番です。

美容の知識が豊富なスタッフが最新のマシンを使用してムダ毛をケアするうえに、適切なアフターケアを行うからです。

痛みの少ないフラッシュ脱毛

脱毛の施術は、ムダ毛にダメージを与えるレーザーやフラッシュを肌に照射して行います。
この時、ムダ毛だけではなく周辺の肌に刺激を与えることがあります。
その結果、痛みを感じることもあるので注意が必要です。

レーザーとフラッシュではムダ毛に与えるダメージの大きさが違ってきます。
一般的にフラッシュ脱毛のほうが照射範囲が広く、痛みも少ないと言われています。
脱毛での痛みが気になるという人は、フラッシュ脱毛を検討してみましょう。

気になる方はこの辺も参考に:経験者が語る! 全身脱毛痛い部位はどこ?

麻酔が使用できるレーザー脱毛

レーザー脱毛はムダ毛を抑える効果が高い施術で、永久脱毛に1番近いケア方法だとも言われています。
そのぶん痛みが強いというデメリットがありますが、レーザー脱毛では麻酔を使用できるところが多くなっています。

麻酔にはテープやクリームなどを施術部位に使用するものと、笑気ガスのように吸引するタイプのものの2つがあります。
これらの麻酔を使用して脱毛したい場合は、施術前に充分カウンセリングをするのがおすすめです。

それぞれの麻酔の特徴を把握して、自分にあったものを選ぶようにしてみましょう。

美白ケアで痛みを抑えよう

脱毛で使用するレーザーとフラッシュは、ムダ毛に含まれているメラニン色素にダメージを与えます。
このメラニン色素は黒いものに多く含まれており、日焼けをすることで肌の中に生成されてしまいます。

つまり、日焼けをして肌の色が濃い場合、ムダ毛だけではなく肌を痛めてしまう可能性があるので注意が必要です。
脱毛時の痛みを弱めるために、美白ケアを意識してメラニン色素が増えないように心がけてみましょう。
日焼け止めなどの紫外線対策や、ビタミンC誘導体やプラセンタエキスなど、メラニン色素を還元する働きのある美容成分配合のスキンケアアイテムの使用がおすすめです。